お知らせ

都立拝島高生徒会の皆さんが来校されました

本校が東日本大震災以降交流をさせていただいている
東京都立拝島高等学校生徒会から
4名の役員と顧問の先生が来校されました。

まずはじめに以下のトピックについて意見交換を行いました。

・現在の福島県のイメージ

・東日本大震災時の被災体験

・福島県・東北の被災地復興のために必要なこと

・熊本県復興のために必要なこと


さらに今後生徒会交流をしていくなかで、

「両校で協力して熊本県復興のためにできることは何か?」

今まで取り組んだボランティア活動等も参考に話し合いました。


話し合いの結果、実施することになったのは以下の2つです。

・2校共同で被災地へメッセージカードを贈る

・拝島高校文化祭にて協力して義援金を募る


話し合いの終了後、拝島高校の公開文化祭「清流祭」で

発表する巨大貼り絵の制作に両校で取り組みました。

生徒たちは時間がたつのも忘れて没頭していました。


さらにその後、いわき市内の津波による被災地区を

一緒に見学していただきました。

今回見聞きしたことを、東京に持ち帰って、是非

拝島高校の皆さんにも伝えていただきたいと思います。

遠路はるばるありがとうございました!