お知らせ

生徒会行事

令和3年度校内文化祭

7月1日(木)校内文化祭を実施しました。

各クラスの発表、生徒会企画の有志によるバンドやダンス、そして、各文化部のステージ発表や作品展示など、新型コロナウイルス感染拡大防止対策をとりながら、体育館でのライブと教室でのオンラインを併用して実施しました。各発表とも工夫され素晴らしい発表で盛り上がりました。

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

  

 

 

 

     

 

 

  

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

第44回 桜丘祭の開催について

 

                                       令和元年7月7日(日)9:00より第44回桜丘祭が開催されます。

                                       クラス企画やステージ発表など生徒が一致団結して取り組んだ成果をご覧下さい。

                                       たくさんのご来場をお待ちしております。

           なお、駐車場はございません。上履き・スリッパ等をご持参ください。

 

 

0

第99回全国高校野球選手権大会福島大会

本日(7月10日)10:00より開成山球場において
磐城桜が丘高等学校 VS 田村高等学校の試合が行われました。
本校からは、生徒会の応援団・チアリーディング、そして吹奏楽部が応援を行いました。
試合結果は

高校名         1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
磐城桜が丘     1 0 1 0 0 0 0 0 0  2
田村           0 0 1 1 5 0 0 0 X  7

と健闘むなしく惜敗でした。
炎天下、選手・監督はもちろん、応援団・チアリーディング、吹奏楽部、保護者の皆様、応援お疲れ様でした。

応援の様子を掲載します。














0

南東北インターハイ高校生活動地区推進委員会

平成29年1月26日(木)平工業高校において
平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
第3回高校生活動いわき地区推進委員会が行われました。
本校からも生徒会執行部の役員が参加してきました。

来年度南東北3県(山形、宮城、福島)合同で
インターハイが実施されます。

本県での開催は昭和53年の単独開催以来
39年ぶりです。

福島県では10競技が実施されます。

いわき市では自転車競技(トラック)が行われます。

高校生活動の主な内容は
1)来県される選手、監督、観客の皆さんに対する歓迎活動
2)大会に関する情報発信活動
3)大会運営補助活動                   です。

今日の地区推進委員会では主に、自転車競技の会場である
平競輪場に展示する「モザイクアート」のデザインについて
話し合いを持ち、いわきを象徴する題材や、選手に贈る言葉等
アイデアを出し合いました。
各地区でそれぞれに趣向をこらして製作するモザイクアートの
完成が楽しみです。



いよいよ南東北インターハイまであと半年となりました。
これから高校生活動も忙しくなると思いますが、
インターハイの成功を目指して頑張っていきたいです。
0

いわき地区生徒会長サミットに参加しました

平成29年1月25日(水)、いわき市労働福祉会館において
いわき地区生徒会長サミットが行われました。
本校からは生徒会長・副会長の2名が参加してきました。

先ず、全体で名刺交換と自己紹介を行い、さらに、各校の
学校紹介と生徒会活動紹介を簡単に行いました。



その後2つの班に分かれ、討論を行いました。

A班のテーマは「生徒会主催の各種行事について」。
特に公開文化祭運営の工夫について、例えば
・どの時点から準備を始めるか?
・一般の方へのPR活動は?
・来場されたお客様へのおもてなしは?
などについて活発な意見交換がなされました。



B班のテーマは「ボランティア活動を含む地域に根ざした生徒会活動について」。
いわき地区には地域の清掃活動や募金活動に
活発に取り組んでいる学校もあります。
そのようなボランティア先進校の取り組みを知り、
いい刺激を受けることができました。



サミットに参加したことで、各学校の特色あふれる生徒会活動について
学ぶことができました。
また来年度も対面式、新入生歓迎会、校内文化祭、校内体育大会…
など生徒会主催の行事準備が控えています。
今回学んだこと、感じたことをもとによりよい行事運営ができるよう
生徒会役員一同努めていきます。
そして日頃からお世話になっている地域の方々に
少しでも恩返しができるよう、ボランティアのあり方について
校内でもっと話し合いを持ちたいです。
0